会社情報

ブランドストーリー

フォンジャウの創業者である鍾進豊・董事長は、日本統治時代、技術者の育成が断絶したと感じていました。当時、台湾の陸、海、空の交通機関のキーコンポーネントは、おしなべて米国、ドイツ、日本などの技術を擁する国からの輸入に依存し、台湾は研究開発・設計および生産の能力を欠いていました。台湾の工業技術の向上は、コアコンポーネント入手における人的制約を受けていたため、厳しい現実に直面していたのです。また、外貨不足に伴うコスト負担および品質リスクがより一層高まっていました。そうした状況において、鍾進豊は台湾の科学技術向上に身をささげるのは我らをおいてほかにないという考えに立ち、微力ながらも国の発展に尽力しようと、専門的な知識、設備および技術を学びとるため、積極的に海外へと出向きました。

1977年、株式会社フォンジャウエロォゥスペェスの前身であるフォンジャウ貿易株式会社が設立されました。設立当初は、農業機械、船舶、自動車のコアコンポーネントの設計、研究開発、製造に力を注いでいました。商号が正式に豊兆航太社へ変更となった後、軍用品、民用航空機、軍用航空機のコアコンポーネントなど、極めて高度な精密技術が求められる防衛および航空宇宙の分野にまで事業領域が拡大されました。

弊社はこれまで会社設立時に掲げた信念を貫き続け、OEM受注、研究開発・設計に全力を投じ、膨大な量の外貨支出を減少させ、製品の域内調達率を向上させています。長年かけて積み重ねてきた専門的技術・経験および高精密・高品質製品の生産により、台湾内外のお客様の長期にわたる信頼および是認を獲得し、社会および国に貢献しています。

経営理念およびビジョン

1550
1550

YEAR

「専門、堅持、高品質」が、弊社の経営理念です。

フォンジャウグループは1977年の設立以来、燃料ノズルおよび油圧システムなど、車両および重機のエンジンのコアコンポーネントの生産に尽力してきました。この間、継続して高精度設備の研究開発および調達を行うことにより、高い専門的技術・知識および精密加工の実力を身につけるべく精進して参りました。2011年には、航空宇宙産業向けの国際的品質マネジメント規格であるAS9100を取得して正式に航空宇宙産業に参入し、航空宇宙の分野に応用される燃料ノズルおよび電気油圧システムのコンポーネントの生産を開始しました。

現在の総生産能力は、燃料ノズル、機械油圧システム、電動油圧システムの生産・組立および試験のサービスにとどまらず、時代の変化や環境保護意識の高まりに伴い、専門的技術を環境保護および再生エネルギーの分野に応用するための研究にまで及んでいます。

弊社は、継続的な進歩とたゆみないイノベーションにより、お客様に最高品質の製品および最高水準のサービスを提供いたします。

企業の社会的責任

コーポレートガバナンス
Found

法令および企業倫理を遵守して内部監査制度にのっとった経営戦略を策定し、権限と責任が明確な組織を構築しています。実効性のある部門間の意思疎通および協力を通じ、コスト管理の強化、業務効率および生産能力の向上を図ると共に、経営理念を貫き、ブランド精神を実践することにより、お客様にご満足いただける質の高いサービスの提供および利益の最大化を目標にしています。

社会参加
Assistance

教育・研究機関と連携し、人材の育成および技術の伝承に努めています。フォンジャウは「社会還元」の精神に立脚し、弊社の事業領域に関連する高等教育機関と協力して学生にインターンシップの機会を提供しているほか、基金を設立して文化の伝承に尽力しています。分野の垣根を超えて社会に貢献することで、よりよい未来の創造に取り組んでいます。

持続可能な社会
Importance

持続可能な社会づくりは、世界が今まさに直面している責任および挑戦です。弊社は、関連法令に従って環境保護、廃棄物処理および資源リサイクルに尽力しています。また近年は、更に専門的技術を太陽光発電、風力発電、地熱発電、省エネ・排出削減などのグリーンエネルギー設備分野に応用し、環境汚染の緩和に取り組んでいます。

製品・サービス
Trust

質の高い製品・サービスの提供は弊社の経営理念であり、お客様の信頼を得るためのブランド条件でもあります。サプライチェーン各社が連携することにより、専門チームの研究・製造技術を利用して高品質のサービスを提供し続け、お客様のニーズを満たすことは、豊兆の全従業員が最善を追い求めるためのモチベーションになっています。

福利厚生
Harmony

従業員は、会社の大事な資産です。そして、フォンジャウは一つの家族です。弊社は、労働法を遵守して法令で保障された労働者の権利を尊重し、適時従業員の心の声に耳を傾けて安全で調和の取れた職場環境を整備しています。従業員の福利厚生の充実、合理的な昇進制度の制定、従業員のキャリアの保障を通じ、従業員と力を合わせて企業の持続可能な発展に努めています。